-

ショップでみなの所有カードが決済できるわけではない▼カード会社の契約店はおおむね、二、三以上のクレカ運営会社とライセンスを結んでいますが、残念なことに契約店舗でみなの種類のクレジットカードが決済できるんではありません。例をあげていうと古い契約店のときはJCBマークの付いたそのクレカしか使用不可なときもありますし最近の契約店舗の場合だとVISAやマスターの名前の書いたやつしか使用不可なときもあります。ディスカバーカードに類するクレカ会社の場合、もっともっと切れない状況が増えると思います。何のカードが切れるかをいかにして見たらいいものか?「だったらいかなる方法でどのマークの所有カードが使えるか見たら良いか?」といっても、正確にチェックするのには店舗の従業員に尋ねてみるほかないというのが実はその回答です。とはいっても大多数の店舗やホテルには店舗前の見えるところなどに使用できるクレジットカード会社のロゴが入っているシールが付けられていることから「へーあのレストランではJCBが使えるのだな」という感じにわかるようになっているから確認していただきたい。きっちりと加入管理が行き届いていないお店で決済する場合には、ロゴステッカーが貼られているのに「当店舗ではお客様のクレカは決済いただけません」といったような返答をされるなんてこともあるわけで、メンツをつぶされてしまう状況に出くわしかねません。そこで、できる限りはより多くのショップで使用できるようにしたいのならば、異種のブランド(海外会社)が入っている一般的なVISAカード、JCB、ダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、といったクレカを複数使えるようにしておくようにするとよいと思います(例:UCカードを持っているなら二枚目はMasterCardブランドのクレカを申し込むなど等)。もっぱら日本においてはVISA、マスターカード、JCBの3つの契約が入っているクレカをその都度持っておけば、返済状況に問題がない限り日本全土の加入店舗で3枚のうち少なくとも1枚のカードを決済するよう準備万端というわけです。クレジットカードを契約して日々スマートな支払いを目標とするのであれば言うまでもないが万能に対応できるクレカを所有しておいていただきたいと思います。